スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXPが発売した8ピンDIPのARMマイコンを使ってみたいと思っていた。
しかし、これにはちょっとした壁があった。何かというと開発ツール。このマイコンを安価にデバッグしようとするとLPCXpressoシリーズのマイコンボードを買って、それにくっついているデバッガを使うのが常套手段。しかし、このデバッガを使うにはEclipseベースの開発環境を使わなくてはならなかった。自分的にはこのEclipseがちょっと苦手。できればIARとかKeilの開発環境を使いたいのだが、この開発環境ではLPCXpressoについてくるデバッガが使えなかった。そんな状況で、マイコン自体は入手したものの、手を出せずにいた。
そこに現れたのがLPC-LINK2というデバッガ。売り文句をみると、このデバッガのファームウェアを書き換えることで、IARやKeilの開発環境でも使えるようになるという。

NXP社 LPC-LIK2のページ

これはすごい。ようやく8ピンDIPのARMマイコンが使えるかも。と思って買ってみた。しかしこれでもまだダメだった。いや、ダメではなく、Keilではこのページに書かれているようにすれば動いた。でも、Keilはメニューやヘルプが英語なので、できれば日本語に対応したIARで使いたい。でもIARではマイコンにプログラムをダウンロードするところでエラーが出て使えなかった。
しかし、昨日の晩、なんとなくIARのホームページを見に行ったら、開発環境のバージョンがVer.6.6にあがっていた。早速ダウンロードして使ってみたところ、あんなに動かなかったLPC-LINK2があっさり動いた。じつにすばらしい。これでようやくやる気が出てきた。

LPC-LINK2_01

とりあえず、LEDをチカチカさせたところ。これからいろいろ動かしてみよう。
スポンサーサイト
プロフィール

yah86

Author:yah86
電子工作をベースにいろいろ工作したものをまったりと紹介していきたいと思います。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
※ご注意
ここで紹介する工作例はyah86がそのときの気分で適当につくったものです。メーカー推奨の使用方法から逸脱することもありますが、あくまで個人の趣味の範囲で行っています。ここに記載した内容についてのメーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
また、記事の内容をマネされたり、アレンジしたりした場合に、なんらかの損害が発生したとしても、いっさいの責務を負いません。参考にされるのはかまいませんが、何事も自己責任でお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。